« リリシズムの宝石箱◆石森章太郎『竜神沼』など | トップページ | いつか見た〈革命〉◆真崎守『男たちのバラード』 »

夢の名残り◆「パック・イン・ミュージック」への投書など

40年前、1969年1月19日。東京都文京区本郷の東京大学本郷キャンパス。天を摩して屹立する安田講堂に立てこもる学生に対して、昨日18日からその強制排除行動に出た機動隊は、午前7時、二日目の攻撃を開始します。1960年代後半から全国の大学や学園で個別に闘われていた闘争が、全学共闘会議(いわゆる全学連)として、より組織だった闘争へと発展していく全共闘運動の中に、東大闘争、あるいは東大紛争と呼ばれる象徴的な闘いがありました。68年1月の医学部無期限ストに始まる学生たちの東京大学駒場キャンパス・本郷キャンパスでの闘争は、大学当局との間にいっさいの妥協も解決も見ることなく、ついに翌69年1月の機動隊構内導入を経て、そのクライマックス、世に言う「安田講堂攻防戦」を迎えるのです。

学生によりロックアウトされ、教職員はもとより一般人の立ち入りが禁じられた東京大学の駒場・本郷両キャンパスに、唯一出入りを許された写真家がいます。2007年に新潮社から発売された、この「闘争を内部から撮影した唯一の写真家」渡辺眸の写真集『東大全共闘1968―1969には、ロックアウトが進むキャンパスでの学生たちの日常や、闘争の生々しい場面などを写した写真が数多く掲載されています。3963021  モノクロ写真に切り取られた2年間の時間は、単なる報道写真の枠を超えた貴重な歴史資料だと思います。闘争に参加した学生たちのスナップ――ときになごやかで、ときに真摯な彼ら、彼女らの表情に向き合ってしまうと、あるいは安田講堂の壁に書かれたあの有名な落書きの写真を目にしてしまうと、もう何も評論家めいた論評やコメントを口にすることはできなくなってしまいます。

連帯を求めて孤立を恐れず/力及ばずして倒れることを辞さないが/力を尽さずして/挫けることを拒否する

1969年1月19日、夕刻。二日間にわたる攻防戦は、安田講堂からの最後の解放放送――「われわれの闘いは勝利だった。全国の学生、市民、労働者のみなさん、われわれの闘いは決して終わったのではなく、われわれにかわって闘う同志の諸君が再び解放講堂から時計台放送を行なう日まで、この放送を中止します」をもって幕を閉じます。

思えば、1968年から72年までの、間に70年の日米安保条約更新をはさむ5年間は、日本現代史の決定的な分岐点だったと思います。60年安保闘争を引き継ぎつつ、それ以上に高揚し、変革がすぐそこ、手を伸ばせば届くところにまで近づいていたはずの全共闘運動は、この東大闘争の終焉を境に大きく後退し、70年安保闘争の敗退もあり、闘争の手段も目的も劇的に変わっていきます。そして行きついた72年のあさま山荘事件。自壊して、不完全燃焼のままに終わらざるを得なかった革命幻想、権力とそれに追随するマスコミによって一方的に狂気の殺人者集団と貶められ烙印を押された戦士たち。愛と自由、連帯と平和の世界実現に向けて流れていた流れは、ついに時代の分水嶺を越え、一気にその反対側――現代の管理社会、格差社会へとつながる、誰かさんたちにとってつごうのよい方向に向かって流れの方向を変えてしまうのです。

攻防戦の舞台、安田講堂は、今でも東京大学のシンボルとして、本郷キャンパスにその威容を残しています。熾烈な攻防戦で廃墟となった講堂は改修され、火炎ビンや石くれが飛び交い、シュプレヒコールと怒声がうずまき、放水とガス弾の煙が充満した講堂前広場もすっかり整備され、40年前の面影はもうどこにもありません。入学式や卒業式ともなれば、講堂をバックに写真に収まる笑顔の親子、スーツやはかま姿の男女学生で華やかににぎわっています。講堂中央塔の大時計は、これからも時を刻み続け、時の流れは止まることも後戻りすることも決してないでしょう。40年という月日の流れは残酷で、闘争の名残りはもうどこにもありません。――当時の深夜放送に寄せられ投書のように、ただ、闘争に参加した者たちの夢の名残りのみを残して……。

俺ワァ/俺のロマンが――ほしンだ/そこだけ小さくはじらって あとは/大声で 一本調子の/アジ演説の中へ/隠れた 人/ボサボサの髪と ヘルメット/会った時/バリケードのすみに寄って/通れヨオと言ったわ/やさしいのね と思ったわ/わたしもロマンが欲しい/わたしのロマンが――/でも あなたは闘い取ろうとする/眠りこんで 感覚の世界を/愛するわたし 違いすぎる/ロマンが/美しい心を ひたひたにするだろう/自惚れのわたしは/醒めてしまったのだと/決めてしまった/目をあげて/極めようと挑み続けている/あなた と/遠すぎるのに/違った言葉しか持っていないのに/なお/愛のようなものを求め合って/見つめてしまう

ゲバ棒を持つには/美しく 細い手をしてた/タオルの下には やさし過ぎる/笑いがあるのを わたしは知っていた/けど/赤や黄や 旗がなびいている/運動会の時みたい ハタハタと/風に踊って 楽しさがないだけの/何も変わっていない/変革はどこなの わたしも昨日のまま/ただあなたがいないだけの いちょうの木の下

今宵、ひとり酒場の片隅で夜光の杯を掲げ、「君のセリフに乾杯!」

セリフの履歴

出典:東大闘争時に安田講堂の壁に書かれた落書き(著者不詳、渡辺眸撮影『東大全共闘1968―1969』写真掲載、新潮社、2007年)。「パック・イン・ミュージック」への投書(北川ちとえ著、『もう一つの別の広場』所収、ブロンズ社、1969年)

|

« リリシズムの宝石箱◆石森章太郎『竜神沼』など | トップページ | いつか見た〈革命〉◆真崎守『男たちのバラード』 »

ノンセクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517638/27258684

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の名残り◆「パック・イン・ミュージック」への投書など:

« リリシズムの宝石箱◆石森章太郎『竜神沼』など | トップページ | いつか見た〈革命〉◆真崎守『男たちのバラード』 »