« 迷子たちの40年◆樹村みのり『贈り物』 | トップページ | 瑠璃の光、秋に満ち◆「浄瑠璃寺ノート」へのメッセージ »

サナギが蝶になるように◆南沙織「バラのかげり」

バラの花を私はそれほど好きではありません。幾重にも花びらを重ね合わせた、ぼてっとした形もそうですが、赤や黄色といった明るい色調のはずが、よく見ると妙に暗く重苦しく感じられてしまうところなど、どうしても好きになれないのです。バラの花ばかりを集めたバラ園よりも、一面のレンゲ畑や菜の花畑のような牧歌的な風景を好んでしまいます。

バラの花に関する思い出もそれほど多くはありません。大学生の頃に好きだった女の子が、「薔薇」と書いて「そうび」と読ませる言葉のついた名前のアパートに住んでいたことくらいでしょうか。それでも、この季節、咲き誇る五月のバラを見ると、初夏の訪れが近いことを感じ、うきうきとしてしまいます。

あ、もう一つありました。当時、よく聞いていた歌謡曲の一節に、

「一つずつ哀しみを/脱ぎすてていくのよ/いつの日かあでやかに/現われてみせるわ」                                                                             

があります。南沙織「バラのかげり」(1974年3月21日発売)のサビの部分です。

デビュー曲の「17才」以来、南沙織のシングルは、ある時期までずっと作詞が有馬三恵、作曲が筒見京平の強力コンビで作られています。この曲はその二人の10作目の提供作品。南沙織にとっては11枚目のシングルです(数が合わないのは、その間に1曲だけカバー曲がシングルカットされているからです)。作詞を担当した有馬三恵子は、のちに、17歳の少女が成長していく過程を時系列で曲にして提供していったことを明らかにしていますが、たしかに初めは恋に恋するような純情な少女が、やがて初恋を体験することで青春の門をくぐり、8曲目の名作「色づく街」では、ついに失恋の痛手を負ってしまうのです。

そして、心と体に大きな傷を残したままの少女は、この10作目の「バラのかげり」で、しなやな強さを持った女性として私の前に現われたのでした。

いいですね。生まれてはじめての失恋のショックに身も心もぼろぼろに傷つきながら、そうした哀しい思い出を脱ぎ捨てて、前よりももっと魅力的な存在として復活することを心に誓うことができる、この少女の強さとたくましさ。過ぎ去った過去にいつまでもしがみついてうじうじと悩んでいるよりも、サナギがある日美しい蝶に変身するような「あでやか」なメタモルフォーゼを予感させる宣言。何度力尽きて道に倒れ伏しても、人はそのつど前よりも美しく、たくましく甦ることができるのです。

今宵、ひとり酒場の片隅で夜光の杯を掲げ、「君のセリフに乾杯!」

セリフの履歴

出典:「バラのかげり」(有馬三恵子作詞・筒見京平作曲・南沙織歌唱、1974年)

|

« 迷子たちの40年◆樹村みのり『贈り物』 | トップページ | 瑠璃の光、秋に満ち◆「浄瑠璃寺ノート」へのメッセージ »

歌謡曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517638/45333933

この記事へのトラックバック一覧です: サナギが蝶になるように◆南沙織「バラのかげり」:

« 迷子たちの40年◆樹村みのり『贈り物』 | トップページ | 瑠璃の光、秋に満ち◆「浄瑠璃寺ノート」へのメッセージ »