« サナギが蝶になるように◆南沙織「バラのかげり」 | トップページ | もう一つの「十六歳の戦争」◆山上たつひこ『回転』 »

瑠璃の光、秋に満ち◆「浄瑠璃寺ノート」へのメッセージ

浄瑠璃寺というお寺があります。

本堂に九体の阿弥陀如来像を安置することから九品(くほん)寺・九体寺の通称で親しまれています。所在地は京都市木津川市ですが、アクセスは奈良からバス便を利用するのが一番便利で、どうも京都のお寺というよりは奈良のお寺というイメージが先にたってしまいます。近くにある岩船寺と合わせた一帯は当尾の里と呼ばれ、ひなびた風景の中に点在する石仏群も、私たち都会に住む人の目を楽しませてくれます。

私がこの浄瑠璃寺の名前を知ったきっかけは、『浄瑠璃寺ノート』と名づけられた一冊の本を読んだことに始まります。

浄瑠璃寺の阿弥陀堂には大学ノートが置かれ、参拝に訪れた人たちが、それぞれの思いをつづっていきました。月に2~3冊のノートがうまっていったそうです。この本は、そこに書かれた若者たちの真摯なつぶやき、うそ偽りのない心の叫びに感動した佐伯快勝住職がぜひ本にまとめたいと、1973年4月に新書版として刊行された本でした。

インターネットが世界中を結んでいる現代ならば、自分の意見や思い、考えなどを不特定多数に向かって発信する手段は、ホームページ、ブログをはじめツィッターやフェースブックと多種多様なものがあります。しかし、当時は例えば深夜放送に投稿するとか、ガリ版刷りのミニコミ雑誌を作るとかの手段しかなかったように思います(もっと内向きな人間はそれこそ日記を書いていたのでしょう)。

浄瑠璃寺を訪れた若者たちは、あるいは恋に悩み、あるいは政治活動に傷つき、他人との関わりに疲れ果てていました。

貴女が浄瑠璃寺に感激し、ゼヒ行くようにとすすめました。
私は今日、晴天の空の下、時々雪のちらつくこの寺へ来ました。
貴女がうたれたという仏様。私も見ました。
私も何度も何度も見ました。
貴女がもしやこの名ボに名を記しているのではないかとひっくりかえしたが、わかりません。
ここの奈良の地より石巻の貴女を考える私です。
仏様には貴女にまた会える日を祈りました。
貴女を私は愛しています。

高校を卒業したばかりの私には、こんな文章が心に迫ってきました。

運動も恋も勉強も全て、中途はんぱな形のままで、高校生活を終えるのがつらい。
恋も知らない。
何も知らない。
詩を書き、一瞬の時を、瞑想にふけることしかしらない。
でも、そんな青春時代でも、
何かが残ることを、心の底にここを去る。
もっとかきたかった。
又、来たい!

私が『浄瑠璃寺ノート』を読んでから40年が過ぎようとしています。今でも浄瑠璃寺阿弥陀堂の片隅には、芳名簿をかねたノートが置かれているのでしょうか。情報発信ツールが格段の進歩を遂げた現代でも、寺を訪れた若者たちは、それぞれの熱い思いや口に出せない悩みを、ノートに書きつづっているのでしょうか。

澄明な秋の日差しを浴びて山里にたたずむ浄瑠璃寺に、足を運んでみたくなる、そんな秋の一日でした。

昼 時折り雪のちらつく
末法こそ生々の源ではないのかと思いつつ

今宵、ひとり酒場の片隅で夜光の杯を掲げ、「君のセリフに乾杯!」

セリフの履歴

出典:「浄瑠璃寺ノート」へのメッセージ(参拝者著、『浄瑠璃寺ノート』所収、文研出版、1973年)

|

« サナギが蝶になるように◆南沙織「バラのかげり」 | トップページ | もう一つの「十六歳の戦争」◆山上たつひこ『回転』 »

ノンセクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517638/47620218

この記事へのトラックバック一覧です: 瑠璃の光、秋に満ち◆「浄瑠璃寺ノート」へのメッセージ:

« サナギが蝶になるように◆南沙織「バラのかげり」 | トップページ | もう一つの「十六歳の戦争」◆山上たつひこ『回転』 »